土地家屋調査士
土地家屋調査士における業務案内

武藤英樹事務所では,身近な法律相談から,複雑な法人の法律事務まで,幅広いフィールドで活躍しています。以下に,主な取扱業務を掲載しておりますが,掲載されていないような分野に関しても,ご相談を受け付けしておりますので,些細なことでも,お気軽にご連絡ください。

土地登記業務

土地表題登記

土地表題登記とはまだ登記されていない土地について初めて登記することをいいます。不動産登記簿の表題部と呼ばれる不動産の現状を表示する欄に、所在、地番、地目、地積が記載されます。

土地分筆登記

登記記録上1つの土地を数筆の土地に分割する登記のことです。将来の相続に備えてあらかじめ土地を分筆して紛争回避を考えている方 などは一度お気軽にご相談ください。

土地合筆登記

土地分筆登記の反対で、複数の土地を1つにまとめる登記です。土地合筆登記には、所在が同じ、合筆する土地同士が隣接、などといったい くつかの要件があり、注意が必要となりますので、一度ご相談ください。

土地地目変更登記

土地の利用目的が変わった時にする登記です。

土地地積更正登記

土地の面積を正しい数値に改める登記です。登記簿の地積欄に登記された数値が、初めから間違っている場合に正しい地積に改める登記です。

建物登記業務

建物表題登記

建物を新築し、又は建物として既に存在しているのに未だその登記がされていない場合に初めて登記簿の表題部を開設する登記です。建物を新築し た場合、所有者に発生する登記の申請義務によってなされる登記です。

建物滅失登記

建物滅失登記とは、建物が焼失、取毀等により滅失した場合に、滅失したときから1カ月以内にしなくてはいけない登記です。ただし、附属建物が滅失した場合 には、建物表題変更登記を申請します。

建物表題変更登記

建物を増築することによって床面積が増えたり、建物の用途を変更した時にする登記です。また、物置などの附属建物を新築した時などにもこの登記が必要です。

無料相談受付中!
PAGETOP