土地家屋調査士
土地登記

「不動産登記」は大きく分けて二つの種類があり、一つは「表示に関する登記」でもう一つは「権利に関する登記」です。

「表示(表題)に関する登記」は不動産(土地・建物)の物理的状況、例えば土地であれば、どこに、どれくらいの広さで、どのように利用されている土地があるのかを明確にするための登記であり、「土地家屋調査士」がこれを扱います。

「権利に関する登記」は不動産(土地・建物)に関する各種権利、例えば、所有権、抵当権、地上権などの保存、設定、移転、変更、処分の制限又は消滅を公示するための登記です。同じ登記ですが、こちらは「司法書士」がこれを扱います。このように、同じ不動産登記でも「表示に関する登記」(土地家屋調査士)と「権利に関する登記」(司法書士)では別々の資格者が取り扱います。私たち武藤英樹事務所では特性を活かしこれらのサービスをワンストップお客様にをご提供し、「安心」をお届け致します。

土地登記の種類
土地表題登記
土地表題登記

土地表題登記とはまだ登記されていない土地について初めて登記することをいいます。不動産登記簿の表題部と呼ばれる不動産の現状を表示する欄に、所在、地番、地目、地積が記載されます。

土地を払い下げた方

新たに土地の表示が必要な方など

土地分筆登記
土地分筆登記

土地分筆登記とは、登記記録上1つの土地を数筆の土地に分割する登記のことです。一筆の一部を分割して売買などの有効活用をしたい、相続によって分割する ことになったなど土地を有効利用するために色々な状況で土地の分筆登記は必要になります。

1筆の一部を分割して売りたい方

将来の相続に備えてあらかじめ土地を分筆して紛争回避を考えている方

土地合筆登記
土地合筆登記

土地合筆登記とは、土地分筆登記の反対で、複数の土地を1つにまとめる登記です。土地合筆登記には、所在が同じ、合筆する土地同士が隣接、などといったい くつかの要件があり、注意が必要となりますので、一度ご相談ください。

相続の前提に合筆されたい方

土地がたくさんあってまとまりがないため、1つの土地にまとめたい方

土地地目変更登記
土地地目変更登記

土地地目変更登記とは、土地の利用目的が変わった時にする登記です。土地の現況や利用目的はあらかじめ登記事項として記載する必要があります。田、畑などの農地から、農地以外へ変更する場合には、農地転用許可が必要になりますので、ご注意下さい。

土地の地目(土地の利用方法)を変更したい方

土地地積更正登記
土地地積更正登記

土地地積更正登記とは、土地の面積を正しい数値に改める登記です。登記簿の地積欄に登記された数値が、初めから間違っている場合に正しい地積に改める登記 です。(土地には色々な経緯があり、実面積と登記簿の面積が異なる場合があります)土地地積更正登記のために面積を算出するには、境界を確定する作業が必要となり、土地地積更正登記とは境界確定測量と地積更正登記申請を合わせたものになります。

登記簿の面積を正しくしたい方

実際に測量して計算してみたが、登記簿面積と実面積が異なる方など

よくある質問

土地の一部を売却する場合まず,どのような手続きが必要でしょうか?

表示に関する登記とは何ですか?

PAGETOP