司法書士業務
不動産登記(売買)

不動産登記手続きには所有権移転だけでなく抵当権抹消・設定、住所変更などの手続も発生する場合があり、複雑です。
一般的には、不動産の売買契約の締結の際に、手付金を交付し、その2週間〜1ヶ月後に、残代金の決済と登記関係書類の授受となる事が多いです。(契約と決済を同日に行う場合もあります)この残代金の決済の際に、司法書士が立ち会うのが、通例です。司法書士は、本人確認・意思確認を行うとともに、登記関係書類に不備がない事を確認します。不動産の売買の手続きは、契約の締結だけでは終わらないのです。

このように、複雑な問題が多く内在しますので、登記手続の際は早めに専門家に相談することをお勧めします。

司法書士に依頼するメリット

不動産の売買の手続きは、契約の締結だけでは終わりません。登記手続をもって完了します。登記手続には所有権移転だけでなく抵当権抹消・設定、住所変更などの手続も発生する場合があり、複雑で難解です。

専門的知識により問題点を把握

不動産の売買及び住宅ローンの設定は、人生でそう何度も経験できるものではないため、不慣れなのが当然です。我々は業務経験から、様々な問題点を把握できています。

登記申請手続きが安心・安全

登記申請手続は、通常、必要書類の受取り、鍵の引渡し、売買の代金支払、住宅ローンの融資実行と同じ日に一斉に行われます。

イレギュラーな出来事にも対応

権利証をなくしてしまった場合など、イレギュラーな出来事があっても、司法書士は柔軟に対応することができます。

よくある質問

不動産売買の登記を行うときはどうすればいいの?

不動産を買って、登記をしないとどうなるの?

PAGETOP