隣の人と話し合って、曲がっている境界線を真っ直ぐにすることにしました。何かしないといけませんか?

お互いの話し合いで作った境界線は所有権界と言い、筆界とは違います。筆界とは公の境界線、法務局にある地図の線のことで、個人の意思で変更できるものではありません。もともとの曲がった境界線が筆界だとすると、筆界とは違った所有権界を作ったことになるので、話し合いで作った境界線は、法務局の地図とは食い違うことになります。このまま放置しておいても、さしあたっては不都合はないと思われますが、土地を売買したり、建物を建築したり、いろいろな場面で将来不都合が起きることになります。そこで、話し合いで作った境界線のとおり分筆し、所有権のやりとりをしておけば、所有権界と筆界を一致させることができ、将来も安心でしょう。